ADN010 Osarizawa Sphalerite

ADN010 – Sphalerite
尾去沢スファレライト
1.16ct
¥46,400(税込51,040)
秋田県鹿角市 尾去沢鉱山
Osarizawa Mine, Kazuno-shi, Akita Pref., Japan

708年(和銅元年)に発見されたとの伝説が残る、秋田県の尾去沢鉱山。
国内の主力銅山の一つであったが、1978年(昭和53年)にその長い歴史の幕は下り、閉山した。
和名は閃亜鉛鉱。鉄の含有量が少ないとべっ甲のような見た目になるため、
「べっ甲亜鉛」とも呼ばれていて、その結晶の輝きと美しさから鉱夫達が大事にポケットに忍ばせて持ち出したものが極僅かに現存している。その中でも宝石質は少なく、更に宝石にもなれる結晶は奇跡に近い。日本三大美人の秋田美人。
スファレライトも海外産のものと比べても全く引けを取らない美人であった。

尾去沢鉱山らしさがよく出ている色合いで、スファレライトらしさがよく出ている大変に輝き強いべっ甲亜鉛です。